大野見物語

四万十川が流れる中土佐町大野見は
高知県中西部の静かな山間の里。
面積の約97%が森林で、
昔は林業で栄えた山村でした。
いまは、川のまわりに農地が広がり
高原台地特有の自然の恵みを受けて
秋には黄金色の稲穂が一面に実ります。
平成18年(2006年)に中土佐町と合併。
大野見村の歴史は幕を閉じましたが
自然と暮らす風景は昔のままです。

大野見の人口 1100人(令和2年現在)

七面鳥の羽数 700羽(令和2年現在)

四万十川と暮らす毎日

大野見は四万十川の上流域にあたります。地域の暮らしは川とともに営み、夏は鮎釣りなどの川遊びで賑わいます。川の景色は四季折々に移り変わり、どこを切り取っても、インスタ映えする風景ばかりです。

高樋沈下橋

上流の3本の沈下橋

四万十川の本流には22本の沈下橋がありますが、上流の3本は大野見に架かっています。高樋沈下橋は本流最上流の沈下橋。2番目の久万秋沈下橋は地域をつなぐ生活道。3番目の長野沈下橋は路線バスが通ります。これらの風景などは平成21年(2009年)に文化庁の四万十川流域の文化的景観に選定されました。

実りの秋と
豊穣のお祭り

四万十川の本流には農地などに水を引く堰が12箇所あります。その半分は大野見にあり、田んぼなどへの用水に利用されてきました。大野見の農地開発は江戸時代にさかのぼるそうで、気候風土を活かした米作りや五穀豊穣を感謝するお祭りなどがいまも続いています。

大野見米

大野見は標高約300mの高原台地。昼夜の寒暖差が大きく、霧が発生しやすいなど、おいしい米作りに適した気候風土に恵まれたところです。田植えは5月から6月にかけて。秋には黄金色の稲穂が実り、あちこちで稲刈りをする風景を見ます。「にこまる」や「ヒノヒカリ」などのブランド米も誕生しました。

大野見しんまいフェスタ

奈路集落のJA高知県大野見支所で、10月第3日曜日に行われる「食」のイベント。会場では、その年の大野見米の新米の試食・販売のほか、地域産農産物などを直販。しんまい早食い競争では大歓声も。もちろん、大野見の七面鳥も出店します。ぜひ、お越しください。地域で手づくりした案山子がお迎えします。

清水は豊かな森の恵み

四万十川の本流には農地などに水を引く堰が12箇所あります。その半分は大野見にあり、田んぼなどへの用水に利用されてきました。大野見の農地開発は江戸時代にさかのぼるそうで、気候風土を活かした米作りや五穀豊穣を感謝するお祭りなどがいまも続いています。

久万秋の湧水

久万秋沈下橋から県道を少し北に走ると、道端に小さな標木があります。そこでチョロチョロと湧き出る水が久万秋の湧水です。この湧水は軟水で、お茶のとの相性がとても良く、コーヒーの味をまろやかにするといわれます。年中枯れることがないので、汲みに来る人も多く、容器を持参する姿もよく見かけます。